美容室 ARTIGIANI hairgroup Mieko's blog

心身の美容サポーターMiekoです。 ヘアスタイルは人生の一部、心を込めて"あなたらしさ”を引き出します

Hair Donation JHD&C 「Onewig 」について

Posted by artigiani.mie on   0 comments   0 trackback

iBGfaWZtHRncnmv1518960759_1518960786.jpg 


こんばんは、Miekoです。


本日もご訪問ありがとうございます。

ヘアードネーション賛同美容師として登録しているJHD&Cさんから
時々お知らせを頂いております。


今回は、今までヘアードネーションしてくれた方や、ご興味をお持ちの方へ向けて
先日いただいた内容を皆さまとシェアさせていただきたいと思います(*^_^*)


+ + +


HD&Cのウィッグ「Onewig」について。

既製品のウィッグと、医療用ウィッグの違いや「Onewig」の特徴などをご紹介します。
ぜひご覧ください!



特集★~世界に一つだけのウィッグ~「Onewig」とは?★

「子どもたちはどんなウィッグを必要としているの?」

「JHD&Cが提供しているのは、どんなウィッグなの?」


「そもそも医療用ウィッグってなに?」
などなど、子どもたちが希望するウィッグと、提供するウィッグに関するアレコレをまとめてみました。




<市販のウィッグは〇〇用!?>

市場で流通している「ウィッグ」のそのほとんどが成人女性用です。

体が成長する前の子どもたちにとって、大人用のウィッグはサイズが合わないため、大きすぎると脱げてしまったり、頭の周囲や凸凹が合わずに締め付けられて頭が痛くなることも。しかし、ぴったり合うサイズの小児用ウィッグは、セミオーダーやフルオーダー対応となり、さらに自然な見た目の「人毛ウィッグ」となると50万円以上と大変高額です。



<ウィッグが必要とされる理由…>


生まれつきの無毛症や、突然脱毛が始まる脱毛症、抗がん剤治療などにより脱毛を発症する子どもたちの頭皮は治療によってとてもデリケートな状態です。帽子やバンダナで保護したり、中には、合わないサイズのウィッグを着用して学校生活を送るケースもあります。しかし、校則で決まっている制服や髪色、髪型で過ごす集団生活の中では、市販の「人工毛」のウィッグでは周りの視線にさらされることになります。周りを気にせずに「普通の生活」を送るための一つの選択肢として、新学期や新生活の前などは特に、見た目に自然な「人毛100%」のウィッグが必要とされています。



<JHD&Cが提供するOnewigとは?>

JHD&Cでは寄付された31センチ以上の人毛を100%使用してウィッグを製作しています。また、当団体スタッフが全国の子どもたちの元へ赴き、一人一人の頭の形にぴったり合うように頭の型をとり、サイズを計測。頭からすっぽりとかぶれるフルウィッグかつ、JIS規格のフルオーダーメイド医療用ウィッグを製作しています。

※他団体(ウィッグメーカー様)が寄付を募っている「15センチ」でつくるウィッグは、頭頂部の毛髪が植えられていない帽子で隠すタイプの部分ウィッグであり、ウィッグのカット代金が発生するプログラムです。15センチの毛髪では医療用ウィッグを作ることは出来ませんので、当団体と混同しないようご注意ください。



<医療用ウィッグとは?>

脱毛症や、抗がん剤投与及び放射線治療の副作用などによる脱毛症に対して、敏感な頭皮に配慮したウィッグを「医療用ウィッグ」と呼びます。また、安価なファッションウィッグとは異なり、着用時間が長くなるため、優しい素材で安心して使用できるのが特徴です。

近年、医療用ウィッグの販売経路(インターネット販売)などが多様化、複雑化したことによって、粗悪品が流通する場合もあり、製品の品質についての基準がない状況が課題とされてきたため、性能基準を含む JIS が経済産業省により制定されました。

「医療用ウィッグに関する JIS を制定」http://www.meti.go.jp/press/2015/04/20150420001/20150420001-3.pdf




<子どもたちが希望する髪型>

現在、Onewigを希望する子どもたちの約9割が女の子、残りの1割は男の子です。そして、女の子のほとんどが「ロングヘアのウィッグ」を楽しみにしています。医療用ウィッグを製作する為には31センチ以上の長さが必要で、その毛髪は半分に折り返して植え込まれます。ハンドメイド、総手植えの職人技によって仕上がる抜けにくくて軽やかで自然なウィッグですが、ロングヘアの希望に対応できる50センチ以上の毛髪は常に不足しています。



<Onewigの特徴>
JHD&Cでは、上記の「医療用ウィッグ」の制定に基づいて、JIS規格を取得したウィッグを製作しています。既製品に多いアクリルやナイロン素材などの人工毛ではなく、人毛を使用しているので見た目にウィッグとは気づかないほど。また、通気性や肌への負担を考え、国が定めたテストをクリアした肌に優しく、見た目にも自然なJIS規格の医療用ウィッグを無償でプレゼントしています。

完成したウィッグは「スタイルカットサロン」としてご登録いただいているサロンの皆様の元で毛先や前髪などの調整を行って、希望する髪型に仕上げてもらうと、「世界に一つだけのウィッグ(Onewig)」が完成します。


※ロゴは、日本毛髪工業協同組合が認証するJIS製品規格適合マークです。
「認証番号 JHA1506D002」

+ + +


今年も6月一時帰国の際に、ドネーションしていただいたお客さまの
髪の毛をJHD&Cさんへ届けに行ってきますね^^



RnjlMz5M2e0w3oT1523798625_1523798659.jpg 



皆さまのご協力ありがとうございます。



本日も最後までお読みいただきありがとうございました。
今週末も穏やかな時間をすごせますよう(♡



心より感謝を込めて
心身の美容サポーター
Mieko


HPはこちらから

スポンサーサイト

抜け毛を防ぐ大切なこと

Posted by artigiani.mie on   0 comments   0 trackback

CWS8jmTEgfzwhNJ1458250134_1458250236.jpg 




こんばんは、Miekoです。


本日もご訪問ありがとうございます。


今年のドイツは春の訪れがゆっくりめ。。

でも最近綺麗なチューリップを沢山見かけるようになりました(o‘∀‘o)*:◦♪




さて、今回の心身の美容に良いお話 
男性のお客さまTさんから

「抜け毛を防ぐ大切なこと」について


日々、抜けては生えての周期を繰り返している髪の毛。
一日100本前後抜けるのは通常とされます。

ですがデジタルの現代社会
目の疲れや肩コリから、頭皮の血流の巡りがよくなく頭皮が硬くなり
昔に比べて、抜け毛になっている方がとても多いのでは??と感じています。

その他抜け毛の理由に関することはさまざまですが
以下の事が大きい理由と考えられます。


1.日頃のケア(皮脂量が多すぎても少なすぎても抜け毛の原因に

抜け毛が気になるからと言って、シャンプーを数日間しないのは
逆に頭皮の皮脂や汚れが溜まり、抜け毛に繋がります。
だからといって、一日に何回もシャンプーし過ぎるのは、油分の撮り過ぎと
乾燥から頭皮が硬くなることもあります。

ポイントは、ご自分の頭皮のコンディションにあったシャンプーの頻度と
シャンプー選びをされることをおススメします。
(頭皮の状態を確認したい場合はサロンで頭皮の皮脂チェックもできますよ^^♪)

またシャンプー後、自然乾燥だと、頭皮が冷え結構不良になり抜け毛に繋がるため
ドライヤーで髪の毛を乾かしてくださいね。




2.生活習慣
バランスの良い食事はは髪の毛の育成のために必要なこと。
インスタントやファ―ストフード、外食が続いている方は少し
意識されると良いです。

また、夜型の生活や睡眠不足は、毛母細胞の分別を妨げる原因になります。
特に22時~2時の時間帯は、成長ホルモンが働いて髪の育成やダメージの修復を行う
時間帯とも言えるので、この時間帯までには就寝することを意識されると良いです。



3.ストレス
私たちの身体は、強いストレルを受けるといろんな変調が起こります。
その一つとして、髪の毛(頭皮)に現れることも多く、ストレスが多く溜まると
髪の毛の生育に重要な栄養素『亜鉛』が大量に消費されたり、自律神経のバランス
と血流の流れに悪くなり抜け毛に繋がります。
※肩や首に力が入り過ぎていると、肩こりの原因=頭皮への影響も



4.過度の飲酒や喫煙
適量の飲酒は体に良いとも言われますが、過度の飲酒は体内でアルコールを
分解するための髪の栄養素が行きわたりにくくなり、必要以上に
抜け毛が増える可能性があります。

また、タバコは吸うと毛細血管が縮小するため、頭皮の血行の乱れから
毛根に栄養が届かなくなってしまいます。

飲酒&喫煙好きな方には酷ですが、お酒は控えめ、できるだけ禁煙を
心がけると、頭皮に変化が起こるかもしれません^^;




おススメとして・・・↓   ↓





★育毛に良質な、タンパク質・亜鉛・ビタミンB群・ビタミンA.C.Eの含まれる食事を心がける
・タンパク質・・・肉、魚、卵、大豆製品、乳製品etc
・亜鉛・・・・・・海藻、牡蠣、ウナギetc
・ビタミンB群・・・レバー、肉、大豆etc
・ ビタミンA・・・緑黄色野菜、レバー、ウナギetc
・ビタミンC・・・ 柑橘類、イチゴ、野菜etc
・ビタミンE・・・ナッツ類、ごま、オリーブオイル etc


★自分にあったストレスを発散

ストレス発散は人それぞれですが、定期的にリフレッシュできるよう意識されると良いです^^



★頭皮マッサージ(首回りもおススメ)

花壇の土が豊かだとすくすく健康な草花が生えるように、頭皮は花壇で例えると土
にあたります。デジタルの現代、目の疲れやや肩こりから頭皮が硬くなっている
方が多いようです。 弾力のある豊かな頭皮を維持できるよう、
日頃の頭皮のマッサージは必須です



以上のことを日常に意識していただけると、健やかな頭皮と髪の毛を維持
できることに繋がることと思います(^^♪



本日も最後までお読みいただきありがとうございました。
明日も笑顔で過ごせる過ごせますよう(^^♪





心より感謝を込めて
心身の美容サポーター
Mieko


HPはこちらから